2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月25日 (火)

穀菜食Cooking in 宇陀ママネ(報恩寺)

2回目が無事開催されました。

今回のお料理は・・・

1348458177263

●パパがよろこぶ車麩の丸ごとカツ!

●咳きには“れんこん”deサラダ

●『kihon』のみそ汁

●押し麦&玄米ごはんno三色おはぎ。

1348458337434

車麩のカツ、とても好評でした!
パパもちゃんと喜んでくれたとのこと。
よかったです。

1348458445116

みそ汁は日常すぎて簡単、だけれど
いちばん心込めたいお料理ですね。

1348458369174

ご参加のみなさん、そして主催の
報恩寺代表、天根さん。奥様真奈美さん。
1348464096804

また来月も、宇陀で合いましょう!
ありがとうございました。

2012年9月12日 (水)

●食のサロン●のかたち

実は名前をまだ・・・決めてません。

“月と穀菜食の庭”はちょっと長いので、サブタイトルとして・・・もっとカンタンで読みやすい名前を考え中です。
しかし考えてみてもしっくりこないので、ここは焦らず“これ!”という言葉が降りてくるのを待ってみようと、ありのままに看板も素のままで。
もしもおすすめnameや、よいアイディアがありましたら、ぜひアドバイスお願いします!お待ちしていま~す◎

1346934100451
松野さんの工房でセレクトしていただいたモノたち。↑これがまだ名もなき看板デス。

431980_289794697794901_482506650_n1
安心の食材も少し置いてます。

1343026621660
いつもお世話になっている「天根ファミリー」と『オーガニックdeベジの会』の田川さん、たかはしさん

551208_293813960726308_165661478_n1
「FMなばり」パーソナリティ田口さん
この日はここで収録でした。

1345516469992
1345521845940
メイク&お手入れの日もあれば。

1345523419285
そんな日の、プチおもてなし。

1346114558981
食箋に基づいてのお料理レッスン&お手当ての日も。

Dsc_1282
お客様の体質に合わせたお料理を作ります。

304602_297990306975340_679306453_n1
この日は基本食のレッスン。

Fb_img_134621598670719191
ままねさんと去年の教室に来て下さっていた和所さん★

Fb_img_134621544901387031
この日はお客様が途切れず、そんな中慌てて作ったプチおもてなし。

1346340181850
Wさんより、可愛いメッセージと共にお祝いをいただきました♪
月のオブジェをちょうど探していたところで、嬉しすぎるサプライズプレゼントです。

こちらにUPするのが大変遅くなってしまいましたが・・・
Wさん、素敵なお心遣いありがとうございました。

*10月に和所さんの所属されてる
自然育児『ぽれぽれ』の勉強会で
10/2(火)「穀菜食とお手当てについて」のお話をさせていただくことになりました。
また、今後共よろしくお願い致します。

皆さんのしあわせのお手伝いが出来る食のサロンを目指して行きたいと思います。
(完全プライベートレッスンになっております。)

2012年9月11日 (火)

「あめつちのうた」えま&慧奏live in 森の茶論

1347172716958_2

1347172677481_8

会場の猪飼さん宅、今回のステージは玄関でした。
1347172642009_5
同じく出店の『木と風』さん フェアトレード商品、シュタイナー教育に関する商品が揃っています shopは京田辺のご自宅。

1347172752221_7

1347172797737

1347173046209

1347173110063

1347173152923

1347173260697

1347172965251
スタッフのふくとくさん♪

1347181782001

えまさん御購入。ご支援ありがとうございます!
りんごにまつわる息子さんとのエピソードもお聞きし
母としての愛を感じました。
1347183455661
そして、ライブキャンドルライブでしたので写真は・・・
しかし、竹筒のキャンドルスタンドと音楽、とても幻想的でした。

えま&慧奏さん詳しくは・・・
http://www.yurai-works.com/
1347187003980
そして、お食事の時間。

1347187829777
皆さんの味を楽しみました。

1347188903339
1347188965197

えま&慧奏さんを囲んで
これがまさに『宴』
と浸りつつ・・・

あら、慧奏さんのとなりに(すごい格好の)娘さん(@Д@;親の顔が見たい(汗)
母としても学びが必要です・・・気を取り直して

歌は祈り・・・としみじみ感じた夜でした。
同じ時間を共有できました皆様、そして猪飼さんご夫婦のご縁に

感謝。

えま&慧奏さん・・・『息子たちをよろしくおねがいします』に重み(若干プレッシャー?)を感じました(汗、汗)大事な愛息子さんのごはん、心込めてお作りします。

2012年9月 9日 (日)

復興支援ギフト「出産祝い」

1345415187513
【子供達がいつもお世話になっているT様からの御依頼】

出産祝いと言えば『ヒヨコちゃん』というぐらい不動の人気を誇っております。さらに木の器と手仕事の技と温もりのスプーン達。
さらに、みれっとファームさんのおまけつき★
赤ちゃんの誕生をお祝いするのにこれ以上の贈物はないのでは・・・といつも思ってしまうのです(*´ェ`*)

1345420973730


そして今回、このギフト達は遠く国境を越えて旅をすることに。
なので一つ一つ丁寧にお包みしました。
「なるべくコンパクトに・・」と言われておりましたが、やはりこのサイズ。ごめんなさい・・・

今日、『とても喜んでくれました!』とTさまから。
ほんとにホントに良かったです。支援ギフトは海を越えてつながりました。
今回、ギフトとしては初めてのご依頼
Tさま御支援ありがとうございました。
心より感謝致します。

FMなばり 穀菜食レシピ♪9月

朝晩、めっきり秋らしくなってきましたね。
なので今回は、穀菜食で作る『グラタン』を紹介したいと思います。
お仕事いっぱいママの為、クイックバージョンになっています。

今回のポイントは・・・
『玄米粉ホワイトソース』です。バターも油も乳製品も使わないホワイトソースの代用ソースです★
濃度を変えれば、シチューやスープなどいろいろ応用が利きますので知っておくと便利です!

【玄米粉ホワイトソースde作る カンタングラタン】

材料:車麩・・・・・・・・3個
        ズッキーニ・・・1/2本
        玉ねぎ・・・・・・1個
        じゃがいも・・・2個
        人参・・・・・・・・1/5本
        ベジホワイトソース・・・3カップ
        パン粉・・・・・・適量
        飾り野菜・・・プチトマト、オクラ

作り方:①車麩は水+しょうゆで戻し、5~6等分する。
           ②ズッキーニは半月切り、玉ねぎはスライスし炒める。
           ③じゃがいもは皮のままゆで、他の野菜と同じ大きさに切る。
           ④にんじんも同じく切り、蒸し煮(軽く塩をして少しの水と共
              に鍋に入れやわらかくなったら完成)しておく。
※野菜をそれぞれの味を引き出すよう調理することで、うす味でもおいしく仕上がります。
           ⑤玄米粉ホワイトソースの半分にすべての材料を入れソース
               とからませる。

●玄米粉ホワイトソースの作り方(水1カップ:玄米粉1+1/2)

・鍋に分量の玄米粉と水を入れ、攪拌しながら火にかける。
沸騰したら塩、お好みでコショウで味を整え5~6秒煮て火を止める。

             1346899481644

           ⑥器に盛り、残りのソースを上からかける。
             
             1346900154348
             1346900211461
           ⑥パン粉(小麦アレルギーの方は、コーンフレークや玄米フ
              レークで)
             1346900536173
           ⑦飾り野菜をのせ、200℃にしたオーブンで焦げ目がつくま
               で焼く(10分~15分ぐらい) 
             1346900841150

           ⑧完成。
             1346902744480
今回は、冷蔵庫の余り野菜で作ってみては?という御提案でした。

なすやかぼちゃでもよし、豆腐でもよし、これからはきのこのグラタンもいいですね!

ぜひ、玄米のエネルギーいっぱいのメニューで夏の疲れを癒して下さい(◎´∀`)ノ

さて、今月のお手当ては・・・

【くず練り】
本くずを使った、内服のお手当てです。

●くずとは・・・マメ科の野草でその根からでんぷん質を取り出したも
                   の、身体を温めることでよく知られています。

○効果・効能・・・・下痢止め
                       ・けいれんを鎮める
                       ・血圧を下げる
                       ・頭痛解消
                       ・解熱効果
                       ・お酒の悪酔い予防(穀菜食はうこん→くず!)
                       ・更年期の不調で悩んでいる方に(女性ホルモンの
                        ように働く成分が含まれている為)おすすめ。
※表示はくずでもじゃがいも成分のものもあるので気をつけましょう。

   材料:水・・・1カップ
           くず・・大さじ山盛り3
           塩・・・少々

しょうゆ+きなこでデザート感覚で楽しめます。

水の代わりにみかんやりんごジュースでもOK!
とても優秀なお子様のおやつになります。

1346903879724

①鍋に水(ジュース)とくずを入れよく混ぜます。

1346903903339

②混ぜながら透明になるまで火にかけます。
   透明になってから、1~2分程火を入れたら完成です。

1346904200505


※水で作る場合も同様です。
   みかん→『魚』の中和的果物
   りんご→『お肉』の中和的果物

葛湯よりかなり濃厚に作るのがくず練りです。
腹持ちもいいので、満月・新月のダイエットにもいいですね~
(私(^-^;)。

            

 

 




 

2012年9月 8日 (土)

ご無沙汰ブログでFMなばり穀菜食レシピ♪(8月)

日ごろは、こちらのブログに来て下さって本当にありがとうございます。この頃は、すっかりFacebookさんにお世話になってばかりおりましたが、ブログを見てくださってる方もいらっしゃるのだから、大事にしないとと、思い開いております。
今後共どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

ようやく、子供達の夏休みが終わり日常になりつつあるこの頃。

まずは、1つずつ書いていきたいと思います。

毎月1第1木曜におじゃまして穀菜食のレシピ紹介させていただいてますFMなばりさん。
8月はお盆もあり第2木曜でした。
そしてこの日は、パーソナリティの田口さんが収録も兼ねて
食のサロンへ来て下さいました~。

551208_293813960726308_165661478_n1

秋口の食べ方について・・・
お盆を過ぎると風が涼しくなってきますね、でも日中まだまだ暑い。
だからと言って、いつまでも冷たい飲み物や夏の食事を続けていると身体の芯に水分が溜まったままとなり、そのからだで秋風をあびると一気に体調を崩してしまいます。夏の影響が秋に出ます、多いのは“咳き”です。

なので
・冷奴→ゆでて田楽
・きゅうりを生でサラダや浅漬け→しょうゆ+昆布で松前漬け
・トマト(生)→スープ(みそ入り)
など、塩気や加熱(ともに陽のファクター)を入れて行くことが、秋の大切な食べ方です。

そこで、今回のお料理は

【なす田楽】
砂糖を使わない、甘みその作り方を紹介します。

材料:
・なす(あれば加茂なす)・・・2+1/2コ
・大葉・・・2枚
・白ごま・・・少々
・豆みそ・・・大さじ3
・刻みレーズン・・・大さじ3
・ごま油・・・小さじ1

作り方:
①鍋に油を入れ温め豆みそを入れ練り合わせ、火からおろす。
    刻んだレーズンを入れる
②なすを切り180℃の油で3~4分揚げ、油を切っておく。
③器に盛り、①を塗り、せん切りの大葉と白ごまを飾り完成。

Fb_img_134499707388244841_3

不思議とレーズンが気にならないのです!(田口さんもそうおしゃってました)
ごはんにもとっても合います。作り置きして、お弁当のごはんの片隅にも良いのではないでしょうか~。

手当て
【虫さされ】

夏の後半~秋口にかけてハチに刺される方を多く耳にします。
慎重に経過を見守る必要もありますが、手当てでも十分効果があります。

虫刺され(一般的に)・・・よもぎ
                               ・ふき
                               ・きゅうり
                               ・しょうが
                               ・朝顔の花びらの汁
蚊やノミ・・・オウバク末(漢方では胃薬、黄色い粉)です。
                化膿止めとしても有効です。

ブヨ・・・・塩をすり込む

ハチ・・・はじめに塩をよくかんで患部につけます。
           その後→さといもパスター(酸化した血液を吸い出す。)
                       ※すりおろした里芋に1割のしょうがのすりおろしと
                          小麦粉で練ったもの。

蚊やハチは酸化した血液を好みます。
なので、刺されるこちら側にも実は原因があるのです。
にっくき存在ですが、実は「この辺がドロドロ血液ですよ~」と教えてくれる存在なのですね。。。

私もまだまだ足首(甘いものが溜まるところ)をよく刺されます(;´д`)トホホ…

いつも、美味し~い!と食べて下さる田口さん(仕事とは言え・・正直に受け取る私(^-^;)
そんな田口さんにまた喜んで頂だく為、また一人でも穀菜食の魅力に気づき元気(健康)でしあわせになって頂くことを願って、喜びかみ締めつつご紹介していきたいと思います。

久々に読んでいただきありがとうございました。                  

 

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

マイリスト