2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月26日 (金)

穀菜食Cooking in 宇陀ママネ(報恩寺)

いつも、急な開催日告知にもかかわらずお集まりいただく
宇陀のママの皆さん、本当にありがとうございます。

そんな皆さんに囲まれ、やわらかい雰囲気の中
今回も穀菜食料理教室させていただきました。

実は休みなし40日にさしかかり、ちょっと集中力が足りなかったと
わたくし自身の反省点(しかし、疲労感なく楽しくこなせるのも穀菜食のおかげ感謝です。)
こちらでレシピの補足させていただきます。

1351135192179

【メニュー】
1.玄米おかゆぱん!

1351135360948

今回は、「おかゆぱん」皆さん初の出会いだったようなので
基本のレーズン、白ごま塩のおかゆぱんで。
そこで、おさらい!
今回ややもったりの生地になりました
その理由は、“こねた”こと。
本当は、木べらかシリコンぺテでさっくりと。
“混ぜすきない”のがポイントでした。

私がボーっとしておりました。
それと、こねたらどうなるのか?
試して見たい気持ちも半分・・・
わたしもよい学びが出来ました。
教室ご参加の方、今度おうちで作る時は
『さっくりと+混ぜすぎず』で作ってみてくださ~い。


2.キャベツtoエリンギnoマリネ。

1351135313495

これは、むしゃむしゃいくらでも食べれるお料理ですね~
ドレッシングを陰陽交互に入れること。
そのちょっとしたことで、からだが喜ぶおいしさが出来てしまうのが
一慧先生レシピの魅力的なところです。
皆さんにも伝わったかな・・・
さらに『愛の手』で混ぜることで完璧!
菜箸ではなく、両手を使って混ぜます。


3.重ねておいしいスープ(赤)

アップ写真がなかったですね・・・
こちらも、野菜の陰陽(宇宙の法則)にそって重ね入れ野菜達にまかせておいしくしてもらう超楽ちんなレシピです。
コトコト煮込んで、味を入れて最後のさいごに混ぜるのみ。
こちらも、これからの季節からだにシミワタルお料理です。
おうちの冷蔵庫に残された野菜や常用お野菜でいろんな味を楽しんでいただきたいなと思います。

4.さつまいもdeフルーツきんとん★

1351135222965

すみません、一慧先生!
初めて作りました。
今日は、そのままでもとてもおいしい
安納いもが用意されていましたが、りんごと混ぜることで
よりおいしく、とてもフルーティな味わいに★感動しました。
いも独特のもたれ感もなく、たべすぎます。。。
そしてこの鮮やかな黄金色~りんごの酸によって発色するそうです。
自然の成せる技ですね。

そして、家に紫いもがあったので差し入れおやつに再び作ってみました。
しかも、さつまいもを蒸す時に上にりんごを乗せ一緒蒸し!
これでも行けましたよ~クイックバージョン
こちら。
  ↓
1351253850754




1351135459348

今回ご参加のみなさん
お一人おひとりじっくり学んでいただきたいので5人定員となっております。
そして、いつも教室をすると、お子さんがたくさん食べてくれるのです。
一慧先生の『食は愛』を入れ込んでいることを、ちゃんと分かってくれてるのかな~と
本当に嬉しいことです。

食後には・・・
15分の【ミニ講義】

今回は、『お肉、魚を食べなくても平気なの?お砂糖もいらないの?』
について。テキストを見つつ説明させていただきました。

最初は、私も陰陽も何もかも全く頭に入りませんでした・・・
そんな方も大丈夫です。耳慣れることです。
少しずつ生活や体調でこれかな?と
思いめぐらせていただけたらと思います。

1351146386149

今日も素敵に飾られていました。
お寺での教室
精進でつながっているからか
なんだかすごくしっくりくるのです。

では、次はクリスマスを意識したレシピになりそうです
またよろしくお願い致します。

ありがとうございましたm(_ _)m

2012年10月20日 (土)

『生命いきいき料理教室』

三重県名張市で10年続く料理教室

『生命いきいき料理教室』

オーガニックショップ『はらぺこあおむし』主催でスタートした基本“オーガニックで菜食”の献立が並ぶ教室は、月替わりで様々な分野の先生に習うことが出来るとっても魅力的な教室です。

さて・・・今月は「穀菜食Cooking」そう私の担当月!

28名の皆さんの胸をおかりしてきました。

1350702991951

大森一慧先生の料理教室で、穀菜食の調理法と理論を学ばせて頂いた(学び中)お陰で、このような機会をいただきましたこと、本当にありがたく感謝です。

*今日のレシピ*
(参加された方の復習を兼ねて・・・参加されてない方、レシピは
『からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て』“放射能対策編”など一慧先生の著書に載っています)

1.ママのストレス解消!
    たたきれんこんnoコロッケ

[食養ポイント:特に呼吸器に症状が出てるときに]

・家族の為に日々お忙しいママいろいろ溜まっていくストレスもあるでしょう・・・旦那さんや子供にぶつけてしまう前に、そっとキッチンで発散してほしく選びました。これがなかなかいい感じで楽しく解消できますよ!
最後にれんこんさんに「おかげさまでありがとう」のひとことをかけてくださいね、ちゃんとおいしく完成します。

・揚げる時の地粉→とき粉→パン粉の最初の地粉は忙しい時は省略しても行けます!

・具に混ぜるパン粉の分量は、1カップ強で4/3カップの水でふやかします。

2.だいこんsanとりんごsanのサラダ

[食養ポイント:今まで魚をたくさん食べてきた人に特におすすめのサラダ揚げ物の添えにぴったり]

・本来、干しりんごで作るレシピですがりんごが旬の今なので生でつくりました。梅酢だけで作れる簡単レシピです。

・大根の辛味が気になる方は、切った大根に軽く塩をして水気をしぼってからりんごを加えて味付けして下さい、甘みが出ます。

3.ごぼうno梅煮

[食養ポイント:からだが陰性気味の時、陰性の便秘、左の鼻血、]

・いろいろしながら傍らで作れるレシピです。普通の鍋でもやわらかく出来ます。

・甘いものを取りすぎた時、疲れている時など、シャキっとしますよ。

4.玄米&かぼちゃのおかゆ(3倍がゆ)

1350702347426

[食養ポイント:食べすぎてる時に・・・]

・玄米から炊くおかゆは甘くておいしいです!最初の塩と仕上げの塩二段階で入れるのがポイント。塩がなくてもおいしく感じるなら仕上げの塩は入れなくてもOKです。

・新米のおいしい季節、食べすぎ防止におすすめです。

・かぼちゃ以外にもあずき、黒豆もよいと思います。

5.からだに効く!お手当てスープ

1350702365184

[食養ポイント:(しいたけスープ単独の場合)陽性の熱、高血圧油の取りすぎが原因で血液が参加して起こった頭痛、風邪の頭痛、後頭部と側頭部の頭痛、偏頭痛、アトピーで赤い発疹でかゆい時、精神病の熱]

教室でしいたけスープの味見をしていただくタイミングをのがし、反省です。しいたけだしをとってしいたけを取り上げて、好みのしょうゆ味にしたものが、しいたけスープです。ぜひおうちで作ってみてください!レシピはそれに具を入れて1品作ってしまおう、というものです。

6.ころころいも

[お砂糖の代わりにりんごジュースと本くずで作る“大学いも”です]

・たれを作っておいて、揚げたてをたれにからませるとしっかり味がしみます。

・リンゴジュースをしっかり煮詰めると甘くなります。

1350702298480

体質でおこるケガや病気のこと、みなさんとても興味深く聞いてくださいました。私もまだまだお伝えしたいことは盛りだくさんなのですが
、先ずは一つでも実践して頂けたら嬉しいです。

『穀菜食=こころとからだのしあわせにつながる食べ方』

だと思います。

さまざまな教室の機会で皆さんの笑顔と反応に出会う度、益々そう思えてなりません。

自分の体質とからだが喜ぶ食べ方を知り、みんなで

『ココロきらめくハッピィライフ』をすごしましょう★

そう!放射能対策につながることもお忘れなく・・・

本日ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございます。

いつでもご連絡下さい。

また来年も呼んでいただけるよう勉強していきます!

2012年10月 2日 (火)

10/2 自然育児サークル『ぽれぽれ』の勉強会にて、事前質問の回答です。

育児サークル『ぽれぽれ』“食事と手当て”にご参加くださった皆様
ありがとうございます。

1349142347902

お子様と共に聞く皆様への話し方、工夫が必要なこと、気づきがたくさんあり、こちらもよい経験させていただきました。感謝しています。

お子様対応で聞けなかった皆様へ・・・
質問の回答書かせていただきます。

●季節の変わり目に、毎回アレルギーで、咳と鼻水が出ます。

咳は、寝たらはげしくなりますが、それ以外は元気です。

同じ症状の子、沢山聞きますが、気を付けても、アレルギーだとある程度は仕方なく..

何か、いいものがあれば聞いてみたいです。

あと、これは私ですが、秋になると、稲科植物のアレルギーで、顔に吹き出物が少し出やすいので、これも、何かいい方法があれば、聞いてみたいです!

 

 

回答季節の移り変わりは波です。バランスが中庸だと並に乗れますがどちらかに傾いていると上手く乗れず、季節の変わり目に不調が訪れます。アレルギーもウイルスもたんぱく質が絡んできます=たんぱく過多です。なのでたんぱく分解酵素を食事で上手に取り入れることで和らいできます。たとえば大根、しょうが、ねぎ。お肉の献立のときはしいたけ、じゃがいも、ピーマン、りんご、スパイス類。卵にはトマト。魚には、大根、しょうが、みかんなどの中和野菜を一緒に食べる。

咳にも陰陽あり、陰の場合はれんこんを使いますが、寝ると激しくなるのは陽の咳。今回紹介したしょうが汁入りホットりんごジュースの方が合うかと思います。

 

赤い吹き出物は、肉魚。白い吹き出物は、乳製品や油。黒いシミはお砂糖や石油系化粧品が原因となります。

手当てとしては、赤・白なら「しいたけスープ」か「大根湯」どちらかおいしく飲めるほう。シミをとるには、その原因を控えること、などです。

 

 子供の咳こんこんに効くもの教えて欲しいです

 

回答:咳は基本からだのいらないものを外に出すという防御反応のひとつ。

お手当てとしては「れんこん湯」飲まない場合「しょうが入りホットりんごジュース」子供の場合、腸に不消化な食物が溜まってることも原因に。その場合は完腸で治まることもあります。

 

 

●肌が赤くなる(敏感肌?)アトピーと診断はされていないけど、なぜでしょうか?

 

回答:アトピー(アレルギー症状)までは行ってないけれど、近づいてる可能性が高いのかと思います。合成洗剤・食品添加物にまずは気をつけつつ、さらに赤くなるのは、陽の症状。やはり前に回答したのと同じくたんぱく分解酵素のお野菜をお好みで取り入れてみて下さい。さらにかゆくなるのはお砂糖も原因になります。

 

 

 

●妊娠初期や中期は全然甘い物が欲しくなかったのに、臨月間近になってから、蜂蜜とかメープルシロップとか、梨とか極陰性の甘~い 物が食べたくなってしまって・

普通は体を冷やしてはイケないと言われる時期だけど、我慢した方がいいのか?と思うのだけど、私は陽性だから、お産に向けて体が緩もうとして陰性を取りたくなっているのかな~?そうだったら、食べてもいいのかな?あまり我慢してカチカチに締まった陽性のままお産をむかえたら、時間かかるのかな~?

 

回答:トイレの回数や便の色などを見ながら、少しは取っていいとおもいます。

ただ、蜂蜜は極陰で緩(ゆる)めるファクター強く妊娠中は流産への影響もなきにしもあらず。なので・・・

まずは①食事での塩分を減らす②野菜を多く取る③米あめ、甘酒の甘みの範囲でおやつを食べる④①~③では治まらな~い!のであれば少し取ってみる。の順番でお試し下さい。

たしかにカチカチでも時間かかりますし、ゆるんでいても陣痛になってきません。お産も中庸がいちばんラクです。お産では陽が放出されますので、体質ががらりと変わることもしばしば。楽しみですね!よいお産になるよう願っています。

 

 

●ウンチの出る間隔が長いんです。長くて5日間でないことも。特にこども自身体調悪くなったり機嫌悪くなく、ウンチの状態も良いウンチです。何か良い食べ物とかありますか?もしくはそういう体質?

 

回答:子供さんなので、確かに5日は長いかもしれません。状況としては、まだ腸内細菌が日本の気候風土に合ってないことが考えられます。もともと日本人は小魚を食べる程度の菜食人でした、なので腸も長く野菜の繊維質をゆっくり消化していきます。しかしここ数年の間食の欧米化に伴い牛乳、乳製品、パン、肉食になり、身体(腸内環境)も変化そこに身体がついていってない状況にあります。

腸内環境の見方→

みそ汁や漬物を好んで食べる=善玉優位の日本人らしい腸内環境

パン、ヨーグルト、を好んで食べる=欧米向きの腸内環境(対策として・・にんにく・にら・しょうが・じゃがいもを食べる=動物性の中和)

 

体質を見極めて中庸にもっていくことで、快便になります。

しかし、食を切り替えてしばらくは便秘になることが多々あります。環境が安定してくればまた出るようになります。焦らずコツコツも大切です。

便秘の手当てとしたら「ごま油大さじ1を飲む」や「小松菜と油揚げの煮びたし」です。

くずも腸を整えます。

 

 

●お弁当箱で冬になったら温めるのにアルミ製のお弁当箱がよくあるんだけど、あれって安全なのかしら・・ステンレス製も売っていて、こっちの方がいいのかなぁ。

アルミ鍋がだめとか15年位前はよく聞いた話なんだけど、最近では根拠がないとかも聞くし、一体どっちなの・・・と思って。

 

回答:確かにそういう意見ありましたね、文化鍋や片手鍋、平和の圧力鍋をよくつかう食養の先生方が体内のアルミの含有量を調べる検査をしたところ、無検出でした。という報告と、火の通りも早く調理しやすいので私も愛用しています。ただ酸はアルミを傷めてしまうので、酢、ミカン、梅酢など酸が強いものの調理には使わないよう配慮してみて下さい。なのでステンレル製も1つ持っていると重宝します。

 

 

●洗濯の時の柔軟剤って赤ちゃんのものは洗わないようにってなんでなのかな・と。何才くらいから大丈夫なんでしょう

 

回答赤ちゃんに限らず、大人も必要ないといえます。柔軟剤はじめ合成界面活性剤入りの洗剤(科学物質)は身体に蓄積しアレルギーの原因になりますし、自然環境も乱してしまいます。

合成洗剤で繊維が溶けて傷つくから「ゴワゴワ」に→柔軟剤が必要になる。という、経済のからみもあります。石鹸洗剤なら繊維も傷つかないので、柔軟剤は必要なくなります。なので、こちらをおすすめします。

もう一つの見方として、香り=陰。その香りを「いい香り」と感じるならば、相当動物性=食品=陽が蓄積されてる証。体質が変われば、あまりきつい香りを好まなくなってきます。

 

●無添加系の洗濯用洗剤って匂いがないので自然のもので服に匂いをつけるとしたらどのようなものがありますか?

回答:出来るだけ自然抽出した精油を使うのがおすすめです。

水10cc:精油1~2滴を、洗濯機の柔軟剤ポケットに代わりに入れて使用するといいです。

レモンティーツリー、ティーツりー、ラベンダー、ユーカリブルーマリーなど

デオドラント効果の期待できるものがお勧めです。

 

回答は、本や先生のアドバイスもいただきながらの内容になっています。

また、今後も中庸でバランスのとれたからだは=しあわせにつながると思います。さらに子育てもラクになりお子様を健康へと導いてくれる手立てとなると思います。からだの不調をどうにかしたい、本当の自分を見つけたい、もっと楽しくしあわせになりたい!そんなみなさんのお役に立ちたいと思っていますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

※カウンセリングなどは無料です

自分の体質を知るための「食養相談」「お料理・お手当てのレッスン」は有料になります。

【お問い合わせ先】 

・ブログにコメント

・メール:green-house.1188@ezweb.ne.jp

・℡:09062513151

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

マイリスト