2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月12日 (火)

急募!!

今日は、お願いブログですloveletter

今の仕事場となっています
愛農高校では現在
調理場常勤職員(25歳~)を募集していますsign03

S1


愛農高校は、有機農業を学べる唯一の学校で
調理場では、生徒の作った野菜や果物で
食事を作ります。

1361437663880
1353131333982




この循環型社会の実績が
2011フード・アクション・ニッポンで金賞を受賞しています。
また、全寮制の高校ですので生徒との作業を含め関わりも深く
とてもやり甲斐のあるお仕事だと思います。

1349605591320


興味のある方、詳しくはぜひご連絡下さい。
愛農高校について→ http://www.ainou.or.jp/gakuen/index.htm
問い合わせ先→【愛農高校事務局 0595-52-0327】

また、興味ありそうな方にもシェアして頂けたら嬉しいですhappy02

1362120747488

※さらに、今年度卒業の女子中学生の願書も3月いっぱい受付けておりますbook

2013年3月10日 (日)

血液サラサラ美人 『春菊 de green soup』 3月のFMなばりレシピ

昨日は、春が来たな~というぽかぽか日より。
今日は、嵐が来たように雨と風なお天気です。

さて、3/7(木)にご紹介したレシピをUPいたしますwink

去年、春の野草は冬に溜め込んだ脂肪を燃焼させてくれるパワーがあることはお話ししましたが、もう一つ春先のお野菜はビタミン・ミネラルも豊富。細胞の働きを活性化して、古くなったたんぱく質などを排泄し、新しいきれいな血液を創り出す体内スイッチをon!させてくれるエネルギーがあります。その時に、海草・みそ・ごまを一緒に食べることでからだも、心も心地よいバランスがとれますsign01

『春菊 de green soup!』

●材料●
・春菊                200g
・玉ねぎ             1個
・菜種油           小さじ2
(又はオリーブ油)
・玄米粉           大さじ3
(又は小麦粉) 
・スープストック 4カップ
・塩・こしょう       少々
・豆乳(仕上げ用) 少々

●作り方●
①春菊は2~3cmに切り、玉ねぎは薄いスライスにしておく
②フライパンをあたためて、菜種油で玉ねぎを炒め分量外の塩をして甘さが出るまで炒める。さらに春菊も炒め、半量のスープストックを注ぎさっと煮立て、ジューサー又はミキサーにかける。
③残りのスープストックに玄米粉を入れ弱火で煮る。トロミが出てきたら、②を少しずつ加え塩・こしょうで味を整える。
仕上げに豆乳をかけて完成。

1362637208525

【スープストック(穀菜食的洋風だし)の作り方】
こんぶ(5×10cm)1枚+切干大根(ひとつまみ)を火にかけ、沸騰直前まで強火、その後弱火で20分で完成。

★好みで、クルトンや玄米フレークを浮かせてもよいと思いますhappy01
★代用としては、ほうれん草・小松菜・モロヘイヤなど。
又は、お肉の好きだった方、お子様には玉ねぎの変わりにじゃがいもも喜ばれると思いますflair
★春菊を炒めてから使うのは、葉緑素を体内に吸収しやすくする為で、他にもワカメの場合は炒めることで、カルシウムが吸収されやすくなります。

お手当て法は・・・こちらも浄血!!ということで
『黒豆の煮汁』

<適応症>
・生理痛
・出産後2~3日してから飲むと汚血が排泄される。
・のどのはれや痛み、声が出ないとき。
・青魚を食べた後の蕁麻疹
・犬にかまれた時

<作り方>
・黒豆  1/2カップ
・水       3カップ
・塩         少々

①小鍋に黒豆と水を入れて強火にかけ沸騰したら中火にして2カップまで煮詰める。
②①に‘おいしい’と思うぐらいの塩味をつけ、上澄みを服用する。

1日に湯のみ1杯~飲めるだけ
1日1~2回を服用。

浄血パワーを活用して、血液サラサラにして花粉症・風邪・インフルエンザも寄せ付けない、春美人を目指しましょ~うshine

ではでは、また来月
4/4(木)14:20~の生放送になりますmusic

2013年3月 5日 (火)

月刊 愛農 初仕事。そして愛農会とは・・・

震災で行くあても無いままたどり着いた三重に来てから
公私にわたりサポートしていただいた
「愛農会」
本当に末代まで感謝の気持ちを貫く気持ちです。

会員様向けに毎月発行している機関誌に
この4月より、お料理のページを担当させていただくことになりました。

穀物菜食レシピの他、四季折々の旬の食材の持つからだへの効果。
季節に合わせた食べ方。
穀菜食ならではの調理のコツ。
また、いざと言う時役立つ自然の食材を使った「手当て」についてもご紹介していきたいと思います。

ほんの1ページのささやかなことではありますが
微力ながらもお役に立てるよう努めたいと思います。
会員の皆様、どうぞよろしくお願い致します。

では、写真のみご紹介。

1362448066367


1362447937346


1362448642448


1362448476984


詳しいレシピは、ぜひ「愛農会」会員登録を!

●愛農会の活動●
・土といのちを守る担い手を養成します
・有機農産物の流通を促進します
・世界の農民と連帯し、農を通じて足元から世界平和を築きます
・有機農業普及・啓発のため、農業経営技術の研究会・各種セミナーを開催しています

「生命を守りはぐぐむ」
「大地の恵みに生きる」
「金にしばられない」
「百姓は自立する」
「世界とつなぐ心となる・・・」

そんな活動の支援につながります。
詳細は→ http://www.ainou.or.jp/index.htm

2013.3.1 愛農高校卒業式。

この日は、朝食と愛餐会(卒業祝会)の食事づくりの為スタッフそして炊事当番の生徒総出で朝5時より準備しました。

そして、卒業式。

1362101832091
大分お腹も出て来てます・・・

1362102653729
47期卒業生、20名。

1362102744610
御両親と握手、そして黙祷。
ここで会場にたくさんの感動の涙・・・
寮生活での3年間は、普通校にはない苦労・問題・悩みがあるだけ
に、友情・感謝・感動もひとしお
です。

1362115145861
やっぱり最後は歌♪
卒業生の作詞・作曲による、心の歌でした。

1362105433933
お見送り。これまた涙、涙・・・
「おいしいごはんをありがとうございました。もう食べられなくなるのは残念です・・・」
うれし、さびしです。

卒業生と写真を撮りたかったのですが、片付けのため炊事場へ急行。しかし、わざわざ来てくれて挨拶と握手をしに来てくれた卒業生達
に「ありがとう!」です。
きっと私が感じているのはほんのささやかな一面ですが、教育現場の
醍醐味にふれた1日でした。

1362120576567
1、2年生の黒板には3年生からのメッセージ。


1362120747488
そして、きれいに片付いた3年生の教室。

3年生が巣立って5日。
1年生は・・静かでいいな~と言いつつ「思い出して寂しくなるー」と
本音がぽろり。

二年後そんな大きい存在に成長してね!とひそかにエールを贈るのでした。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

マイリスト